2013年03月04日

ゆきさくら御礼&弓凛小説DL販売開始のお知らせ

ゆきさくらにてお立ち寄り下さった方々には有難うございました!
薄い新刊1冊でしたが、少しでも楽しんでいただければ嬉しいです。

次回はHARUコミ、ヒ-51b 極上症候群にて参加です。
Fateの弓凛ですが、間に合えば薄桜鬼でも何か出したいと思っております。
詳細はまた後日ブログなどにてお知らせいたします。


2008年1月に発行した弓凛SS本「Miss Mistress」のDL販売を開始いたしました。
約70P、500円。ホロウベースでメイドコスプレの凛とアーチャーによる主従逆転のエロSSです。
こちらからご購入可能です。

#お預かりしている通販は、ゆきさくらに搬入していた在庫が戻り次第の発送になりますので、来週中ごろを予定しております。
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 相模陸 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人

2013年03月01日

ゆきさくら参加します

H3 極上症候群です。
土千蝦夷夫婦のぺらいひな祭りSS本【桃花爛漫】/12P:100円/が出ております。
通販でも扱っておりますので、よろしければ(δ´ω`)
ほのぼの甘々です。


先週までにご入金の確認できた通販につきましてはすべて発送済みです。
今週分はゆきさくらの荷物が返送されてからの発送になりますので、もうしばらくお待ち下さいませ。


諸事情重なってばたついているうちにスパコミの〆切を失念しました(´・ω・`)
5月は大阪の方に参加する予定です。

以下サンプルとも言えないぷれびゅ。

-----------------------------------------------------------------------------
【桃花爛漫】

「千鶴、千鶴」
 朝餉の片付けも終わり、囲炉裏の傍でせっせと繕い物を片づけていると、ふと自分を呼ぶ夫の声がした。
 屯所時代から聞き慣れたものではあるが、張り詰めて厳しかったあの頃のそれとは違い、随分とはしゃいだ子供のような声色である。こうした明るい彼の声は、二人で暮らすようになってから良く耳にするようになった。
 膝の上に置いた着物を脇に退けて立ち上がると、千鶴は襖を薄く開けて、中の歳三に呼びかける。
「歳三さん、お呼びですか?」
「おう、こっち来い」
 彼の招きに従って、書斎に足を踏み入れる。
 夫は、こちらを振り返る恰好で文机の前に腰を下ろしていた。千鶴と目が合うと、彼は何処か照れたような表情でひとつ咳払いをしてから、机の上を指し示す。
「見てみろ」
「……?」
 つい、と彼に手を引かれて隣に座り、文机へと視線を向けた。
 その瞬間、千鶴の大きな瞳がぱちくりと円く見張られる。
posted by 相模陸 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人